FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
半チャーハン、大盛りで!
2010-08-25 Wed 06:50
いや疲れてるんですよ、自分。
マジでラーメン屋でこう頼んじまったんすよ・・・

最近私的なことで、滅法落ち込む時間が長いです。
解決策も無い、ただ待つだけの辛さにどんより気分が続きます。

で、こんな事では公私共に不味いので、感情にメリハリを付ける事にしました。
具体的には落ち込む時は、もう死ぬほどくよくよしてボトムダウンしまくります。
その時間が終わったら、もう楽しい事のために全ての感情を使い過ごします。
精神的には疲れますが、ストレスは溜まりません。
自分の他人に唯一自慢できるのが、人並みはずれた集中力だと思うので、
しばらくこれを続けて行こうかなと思ってます。

楽しいことを考えるときに最適なのは「高田純次」です。
世の中年男性は少なからずとも、彼にあこがれてます。
ダンディでお洒落でウィットに富んでて、尚且つ爆笑親父。
あんな感じな親父になりたいなぁ・・・

高田純次の行動で今まで一番笑ったのが、
雷門かどこか浅草でのインタビューリポートでいい歳のおば様に

『お姉さんどこから来たんですか?』

と声かけてるのみて、大笑いした。その後、沿道にいたハトに

『どこから来たんですか?』

ってマイク突きつけたときには、口の中のファンタ全部吹いた。


続いてのシーンでも明らかに50代以上と思われるおば様に、

『お若いですね~、そちらの方は28にみえますよ~、あなたは32ですか?』

(おば様)「グフフフwwや~ねぇ~ww」

『足のサイズの事です』

って言ったときには、鼻の中にご飯粒全部逆流した(笑)

そんな高田純次さんがジャパネットの番組司会をやったとしたら。
名づけて 「ジャパネット高田純次」 
(いや、そのまんまだけど)

たぶん、こんな名言が連発だと思う。

高田「分割払いできるけど、岸部シローさんはお断りだよ」
高田「これ、うちの製品なの?他社の製品のほうが性能いんじゃないの?」
高田「この腹筋マシーンで腹筋してると筋トレしてるように見えるんですよ」
高田「これでジューシーな肉を食べたい人は、肉を食べてジュースを飲んだらいいんじゃないの?」
高田「まじめに勧めちゃった。ここの部分カットで」
高田「へぇ~意外と高いんだね」
高田「これお買い得!買わないのが一番得だけどね」
高田「この商品を買うとね、この商品が自宅に届くんですよ」


買いてえぇぇ~~っ!!



あ、ネットで見つけた大阪の自販機の話題。
大阪ではこんなお節介な自販機があるそうな。



『見栄はってカフェなんか行くな』って書いてあります。



正面には「おせっかいProject」のロゴマークも。
大阪人にとってカフェに行くのって見栄っぱりなん?
ってか、商売上手やね(笑)

あっ、そうそう悲しいことを考えてたら、高校生時代の
悲しい記憶が蘇ってきました。


電車通学していたときの話。
隣に座っていた女子高生からいきなりメモを渡された。
ドキドキしまくりでメモを読んだ。そこには、

「ヘッドフォンうるせえ」 

泣きながら泣きながら、それでは皆様、また逢いませう。


ブログランキング参加してます。
ポチッとしてくれるだけで、感激です!







別窓 | 感情 | コメント:0 |
<<アレオレ詐欺? | koh兄の俺様地球防衛軍 | ゲゲゲ・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| koh兄の俺様地球防衛軍 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。